スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・オブ・ライズ 

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]

Body of Lies (2008)

レオくんが良かったなあ。
立派なオトナになったなあ。

ラッセルがCIA本部から指示を出すボスで、レオくんがその部下の現地工作員。
で、対立しながらテロリスト犯を探し出す、というお話。
ボス役はラッセルじゃなくても良かったんじゃない?

(2009/07)
スポンサーサイト

ボーン・アルティメイタム 

ボーン・アルティメイタム

The Bourne Ultimatum(2007)

大好きなシリーズ。今回も面白かったわあ♪
いつもながら敵をあざむくスキルが素晴らしい。
CIA側には毎回渋い配役が来るね。いつも私のツボを押さえてます。
今回はデビッド・ストラザーンにスコット・グレン。スコット・グレンは好きだなあ。

(2008/07)

M:i:III 

MV5BMjExMDY1MTI5MF5BMl5BanBnXkFtZTcwNDE2NTQzMw@@__V1__SY317_.jpg

Mission: Impossible III (2006)

最初のところ、エイリアスっぽいと思ったのよ。
そしたら監督がJJエイブラムス。
そうだった、忘れてた。同じになるはず。

忘れないようにキャストをメモ。
フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、マギー・Q、
ジョナサン・リス=マイヤーズ、ミシェル・モナハン、
ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ラッセル、ビリー・クラダップ

(2007/10)

007/カジノ・ロワイヤル 

41Rm3vaIM+L__SL500_AA300_.jpg

Casino Royal (2006)

オープニングがモノクロでかっこいい!
殺人シーンが荒々しい。
そこからもういつもの007とは違うって感じね。
タイトルバックのアニメーションに久々にワクワクしたわ~。
曲も良かったし。
007の醍醐味よねえ。

初っぱなからめちゃくちゃなアクションがすごい。
と思ったらその後は割りと落ち着いた展開なのね。
で、終盤で二転三転。
全体的にかなりダークね。
目を覆うシーンもあるし。
けどなかなか良かったわ。
そして何と言ってもラストシーン!これぞ007。
これを見たら長丁場の疲れも吹っ飛ぶってもんよ。

casino royal


新ボンドのダニエル・クレイグ!
クールでマッチョだけどたまに見せる笑顔が優しくていい感じ。
オープニングで思ったけど、モノクロのフィルムノワールな感じがぴったり。
殺しのライセンスが似合う顔だわ(と勝手に解釈)。
ピアース・ブロスナンがベストだと思っていたけど、
今度のボンドもいいじゃないの♪

次回作も期待しちゃいます。

(2007/08)

コンドル 

コンドル

Three Days of The Condor (1975)

レッドフォードがCIAのスパイを演じるサスペンス。
スパイとは言っても銃を持たない文書解読チーム所属。
なのに、ある日突然銃撃されメンバーは皆殺し。
で、奇跡的に助かったレッドフォードがその銃撃の理由を探ろうというもの。

普通のスパイものと違うのは、敵が身内だということと、
プロの殺し屋を相手に、なんと本から得た知識のみをフル活用して立ち向かうというところ。
70年代の映画といった雰囲気がすごくする。
ちょっとダークな感じだし、当たり前だけどCIAの機器なんかもかなりローテク。
話も、時代を反映してるなあ。政治的に。
複雑な時代になっていこうとしている頃なのね。

舞台はNYで、CIAのオフィスは世界貿易センターのツインタワーに入っている。
ヒロイン役はフェイ・ダナウェイ。
地味な役でイメージを裏切ってくれる。かわいかった。

「スパイ・ゲーム」監督のトニー・スコットは、
この映画をパクったと言い切っている!
http://www.eiga.com/special/spygame/03.shtml

(2004/09)

スパイ・ゲーム  

スパイ・ゲーム

Spy Game (2001)

ブラピも大好きだけど、やっぱりレッドフォード。
しわが深くても渋いわ。
彼のための映画って感じでした。
CIAオフィスにいながらにして、
中国に捕らわれたブラピを助け出すレッドフォードがかっこいい。
頭脳ゲームを満喫できて大満足♪
派手なアクションも、ハイテク機器もない、ちょっと大人なスパイ映画。

(2001/1)

ボーン・スプレマシー 


ボーン・スプレマシー


The Bourne Supremacy (2004)

前作もよかったけど、今回のも面白かった。
マット・デイモンの地味なキャラがいい。
彼が特に美形ではないところが、映画の雰囲気に合っていてさらにいい。
CIAものには弱い私だけど、
このボーンの、冷静で、頭がすごく切れるところには惚れるなあ。
敵陣のすぐ近くから敵に電話をかけるところが憎いわあ。
もちろんアタマだけではなく、キレのある技もかっこいい。

ジョーン・アレンも良かった。
こういうテキパキした彼女を見たのは初めてなので新鮮。
3作目もあるかな?
見たいなあ。

(2005/03/02)

ボーン・アイデンティティー 

The Bourne Identity <2002>

The Bourne Identity


最後まで惹きつけられて面白かったです。
スパイものには弱いわ。
ヨーロッパの雰囲気がいいし。

マット・デイモンはなかなかかっこよく演じていましたが、
やっぱりどこか垢抜けない感じに私には見えるのよねえ。
続編も作られるらしいので、楽しみ♪

(2003/2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。