スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black&White/ブラック&ホワイト 

thismeanswar.jpg

史上最大の“職権乱用”
This Means War (2012)

CIAのトップエージェントコンビが一人の女性に本気で恋に落ちて、
恋の鞘当てを繰り広げるわけだけど、
その女性がリースというのはどうなのか?
リースは嫌いじゃないしロマコメには欠かせない人だけれど。
二人の恋の始まりが唐突すぎるせいかな。

これ、アクション映画だとしたら話が中途半端になっちゃってて残念。
ティル・シュヴァイガーがもったいない。
ロマコメだと思って見れば、なんとか。
CIA上司はアンジェラ・バセット。

(2012/12)
スポンサーサイト

ダイ・ハード4.0 

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)

Live Free or Die Hard (2007)

笑った笑った。あり得ないアクションの連続技に爆笑。
パトカーをヘリコプターにぶつけて「弾切れでね」って。笑
ブルースはやっぱりかっこいいわあ。
マクレーンといえばぼやき。
そのぼやきが少なくなった気がしてちょっと残念。
人情アクションって風情が好きだったんだけど、今どきな派手なアクション映画といった出来上がりでした。

(2008/02)

16ブロック 

51r95kOWYpL__SL500_AA300_.jpg


16 Blocks (2006)

落ちぶれた冴えない刑事が事件に巻き込まれて正義にめざめて闘う・・・
ってブルースのためにあるような役よね。
いつも同じでもいい!
やっぱりブルースには刑事が似合うわ。
デヴィッド・モースは久しぶりに見た。
やっぱり上手いね。
脇にこういう人がいると映画が引き締まるね。
二人の戦いが見ものです。

(2007/08)

Mr.&Mrs. スミス 

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

Mr. & Mrs. Smith (2005)

なんとまあ、シンプルでわかりやすい話。
期待してたのにたいしたことななかった。
予告編の方が面白かった。
きっとこれはブランジェリーナを見る映画なのね。
美男美女カップルが殺し合う壮絶なアクションは迫力だし。
アンジーはホントかっこいいな!
ブラピのルックスがかなり好きな私でも、目がいくのはアンジーの方でした。
ブラピの同僚役がヴィンス・ヴォーン。
彼はこの後ジェニアニと付き合うのよね。
ブラピと共演していたとは変な縁よね。

(2006/06)

バッドボーイズ2バッド  


バッドボーイズ 2バッド


Bad BoysⅡ (2003)

『バッドボーイズ』の続編。
アクションはすごかった。
カーチェイスのシーンのカメラアングルとか、迫力だったなあ。

けど前作の方が好き。
会話の面白さが減った感じがする。
最後の方は飽きてしまったわ。
あと、ブラックすぎて見られないシーンが多かった~。

(2005/08)

パニッシャー 


パニッシャー コレクターズ・エディション

The Panisher (2004)

アメコミが原作らしいが、普通のヒーローものという感じではないな。
家族を殺された男たちが復讐し合う話なのでけっこう残酷だったわ。
といってもときどきコミカルだったりもして、
そのへんの具合は好きだなあ。
ヒットしたら続編を作ろうとしたんでしょうね。
そんなエンディング。

主役のトム・ジェーン(トーマスからトムと変わってた)が
脱いだらけっこうムキムキでびっくり。
前に『アンダー・サスピション』で見たときは
全然そんな感じじゃなかったけど。
トラボルタは非情な悪役。
しかしさほどインパクトはないな。
脇役だからいいのか。
アパートの住人のレベッカ・ローミン=ステイモスは
名前が覚えられないけど好きな顔の女優さん。
サマンサ・マシスは老けたね。
華がないなあ。
ウィル・パットンの役は意外!
けっこういつもいい人役なのに。
彼だと気づかなかったぐらい。

(2005/09)

キス・オブ・ザ・ドラゴン 

Kiss of the Dragon (2001)

キス・オブ・ザ・ドラゴン (期間限定 特別価格版)

ジェット・リーがこんなにかっこいいとは知らなかった!

映画もなかなかよかったわ。
主人公のキャラがいいからかな。
フランスでわけがわからないまま悪に巻き込まれていく中国の警察官。
無口で物静かだけど闘うとめちゃめちゃ強い!
ってところが気に入ったわ♪

これを見て一気に彼&カンフーのファンになりました♪

(2002/11)

コン・エアー 

Con Air (1997)

コン・エアー 特別版

めずらしくアクション大作に出演のジョン・キューザック。
これを見て彼を知ったので私には記念すべき作品♪
かっこよくないのに気になる人だなーと思って観てました。
アクションな彼もけっこうイケます。

飛行機から死体を街に落としたり、
その飛行機がべガスに突っ込んだりと
めちゃめちゃやってるけど、
マルコビッチとかキャストがいいので楽しめる。

少林寺 

The Shaolin Temple (1982)

「少林寺」 アルティメット・エディション

ジェット・リーのファンになったので、
彼の原点を見てみようと思った。

いやーカワイイ。若い。面白い。

しかしカワイイ顔して犬を食べててびっくり。

少林寺拳法が素晴らしいわ。
よくあんな動きができるもんだ。

(2002/12)

絶体×絶命 

Desperate Measures (1998)

絶体×絶命

やっぱりアンディ・ガルシアかっこいい♪
渋い。

悪役がアンディだと思ってたら、逆だった。

アクションものにつきものの、
ヒーローとヒロインのラブシーンがないのがいい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。