スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 

hangover

The Hangover(2009)

ブラッドリー・クーパー好きなので楽しみに見たけど、期待以上に面白かったわー。
やっぱり映画っていいよねえ。そんなことをしみじみ思って胸がいっぱいになりました。名作です。

ただのバカ映画かと思いきや、これがなかなかうまくできてるのよね。
もちろんただのバカ映画の要素もたっぷりなんだけど。

脇のデブがお約束で笑えるわあ。ザック・ガリフィアナキス?難しい名前!
素っ裸でトランクに閉じ込められていたアジア系のケン・チョン。
最近よく見るわ。アクが強いよねえ。お医者さんなんだとか。
ヘザーは相変わらず脱ぐけど、可愛いんだよねえ。
消えた花婿のジャスティン・バーサは、「理想の彼氏」で“彼氏”をやった子。

ブラッドリーはやっぱりいいなあー♪
スーツ姿がとてもカッコイイ。
まだレニーと付き合ってんのかなあ。そこが、がっかりなとこ。

ゴールデングローブ作品賞受賞ですって。さすがアメリカ。

(2010/12)
スポンサーサイト

お買いもの中毒な私! 

お買いもの中毒

Confessions of a Shopaholic (2009)

アイラ・フィッシャーって「ウェディング・クラッシャー」でヴィンスにつきまとう妹の役やった人だ。たぶん。
で、お相手の俳優さんの方は全然知らないわあ。
ジョーン・キューザックもママ役をやるようになったのねえ。

楽しい映画でした。
お買いもの中毒の会で、買い物の魅力をヒロインが語っていたけれど、その気持ち、よくわかるわあ。幸せだよねえ、お買い物って♪
自分探しの映画だと思っていたけれど、ロマンスもありなのね。
見下していた男が実はセレブって、アメリカ人の好きな設定なのかしら?
最近見たのはそんなんばっかり。嫌いじゃないけど、そんなうまくいくか!って思うわー。

(2010/03)

イエスマン “YES”は人生のパスワード 

yesman.jpg

Yes man (2008)

やっぱりジムのコメディは最高だ~♪
最初の電話の顔芸。変わらないわあ。老けたけど。
バーで転ぶところ。ウェイトレスさんが笑い堪えてると思うんだよね。
あんなの間近で見せられたら笑っちゃうよね。演技するのも大変だろうなあ。
サングラスのジム。コーヒー片手に颯爽と。スーツが似合う。かっこいいわあ。
“イエスマン”集会のときのジムの表情がいい♪うまいわ。
銀行の上司ノームと話してるときの優しい感じのジムが好き。
ギター弾く姿も素敵♪
ゾーイ・デシャネルとは親子みたいでちょっとね…好きな女優さんだけど。
キスはロマンチックだった♪
ドゥカティのバイクのシーンは笑ったわ。古臭いBGMも、お約束の尻も。

気になったこと。
コストコって映画によく出てくるので調べたら日本にもあるらしい。
ハリウッドボウルってすごいところなのね。
「ライラ」でデビッドとソフィーがキスするところもここかしら?調べてみること。

(2009/11)

40男のバージンロード 

iloveyouman.jpg

I love you, man (2009)

ポール・ラッドとジェイソン・シーゲルの、女の子みたいな友情物語♪
ありそうでなかったよね、こんなの。

面白かった~。やっぱりポールは期待を裏切らない。
タキシード姿でボンド風にキメるのが笑ったわ。決してキマってはいないのだけど。
しかしジェイソンが撮ったそのボンド写真があんなものになるとは!

エアベースのシーンは、私がポールのファンになったきっかけの『フレンズ』の“エアピアノ”を思い出させてくれて、爆笑度がアップ。感激すらしました。

二人のコンビがすごくいいね。
というかジェイソンが良かった。今まで見た中でダントツに良い。


(2009/11)

iloveyouman2.jpg

サンキュー・スモーキング 

サンキュー・スモーキング (特別編)

Thank You for Smoking (2006)

面白かったよー。軽いコメディで、特に説教臭くなることもなく。
台詞も気が利いていて良かった。

アーロン適役!
オトコマエで颯爽としてて頭の回転が速そうだけどちょっとにやついて軽そうなところが、原作読んでないけどあの役にぴったり。
私が見たアーロンの映画の中ではベストアクトです。

アーロンが落ちる腹黒美人記者がケイティ。全くの色気なしで完全なるミスキャスト。
で、大物エージェントは誰かと思ったらロブ・ロウ!変な着物着てたけど嬉しいびっくりでした。
ロブロウの部屋へ案内してくれた若い子がアダム・ブロディ。面白い子。人気アイドルなんだとか。
モッズ特捜隊のひとりはデヴィッド・コークナー。たまに見かける人。SNL出身。
もうひとりはマリア・ベロ。かっこよくて好きな女優さん。
他にもウィリアム・H・メイシーとかロバート・デュバルとか脇が多彩で面白いわあ。

監督はアイバン・ライトマンの息子だ!

(2008/08)

バッドサンタ 

バッドサンタ

Bad Santa (2003)

下品な映画。
メインで子供が出てるのにこれじゃ子供は見れないわねえ。
ビリー・ボブ自体下品な感じなので役には合ってるんだろうけど、
私はダメだったなあ。
最後にちょこっといい話をくっつけたのも突飛な感じ。
クリスマス映画だし、もっとハートフルにしたら、私好みになったかも。

(2006/12)

ピンクパンサー 

ピンクパンサー コレクターズ・エディション

The Pink Panther(2006)

面白かった。スティーブ・マーティンよかったわ。
ちゃんとオリジナルの色を受け継いでいるのが嬉しい。
ケビン・クラインがドレイフェスってのは意外だったな。
どっちかっていうとクルーゾー向きよね。
ケビンはこの間「卒業の朝」で見たけれど、やっぱりコメディに出てる方が素敵。
続編も決まっているそうで、楽しみ♪

(2006/11)

ベティ・サイズモア 

ベティ・サイズモア

Nurse Betty (2000)

レニーがぶりぶりしていてキュートなコメディかと思いきや、けっこうブラック。
ショッキングシーンがあってびっくりだ。
アーロン・エッカートが可哀想すぎる~。
レニーが恋する二枚目スターはグレッグ・キニア。
あの軽さがすごい合ってる!
クリス・ロックは、役選びが下手なのか、映画では光らないなあ。

(2006/10)

隣のリッチマン 

隣のリッチマン

Envy (2004)

ベン・スティラーとジャック・ブラックの共演作。
ベンって苦手だけど彼の映画はついつい見てしまう。
主人公は卑屈で人間のちっちゃい男。
ベンにぴったり!
だけど笑えないのよねえ。
はまりすぎてて見ててうっとうしくなっちゃう。
しかしラストのベンは良かった。
成金になってギラギラし始めた顔がいい。
あーゆーはじけたベンをもっと見たいな。
ジャック・ブラックは相変わらず。
いい顔してるわ。
そして私の中では完全にバカ映画の人になったクリストファー・ウォーケン。
笑えるわあ。上手いんだもの。

けっこう面白いけど、この手の映画の例にもれず未公開。

(2006/09)

12人のパパ 

12人のパパ 特別編 (初回限定生産)

Cheaper by the Dozen (2003)

大家族のドタバタが楽しかった。
スティーブ・マーティンとボニー・ハントは安心して見ていられるわ。
スティーブはパパ役をやることが多いのね。
上手いし合ってるものね。

アシュトン・カッチャーが長女の彼氏役でカメオ。
バカっぷりがなかなか良かった。

この映画、1950年の「1ダースなら安くなる」のリメイクだそうで。
ヒット映画だけど日本では未公開。
コメディだから?主演がスティーブでもダメ?
もちろん続編も未公開。

(2006/08)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。