スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16ブロック 

51r95kOWYpL__SL500_AA300_.jpg


16 Blocks (2006)

落ちぶれた冴えない刑事が事件に巻き込まれて正義にめざめて闘う・・・
ってブルースのためにあるような役よね。
いつも同じでもいい!
やっぱりブルースには刑事が似合うわ。
デヴィッド・モースは久しぶりに見た。
やっぱり上手いね。
脇にこういう人がいると映画が引き締まるね。
二人の戦いが見ものです。

(2007/08)
スポンサーサイト

もしも昨日が選べたら 

51XTYNK6D9L__SL500_AA300_.jpg

Click (2006)

いつものサンドラー映画とはちょっと違って、予想外に泣かされます。
コメディではあるんだけど、だんだんとシリアスになっていって、
クライマックスでは涙なしでは見られないほど。

切なかったのはお父さんと会った最後の日のシーン。
私もそうだけど、あのやりきれなさを経験したことがある人って多いのではないかな。
ヘンリー・ウィンクラーが表情で泣かすのよね。
何度も一時停止するサンドラーもよかったし。
とは言ってもやっぱりサンドラーなので、
最高潮にシリアスなあの雨のシーンでも下品なジョークで笑わせてくれるわ。

ショーン・アスティンは「50回目のファーストキス」の弟ね。
出てきただけで笑ってしまった。
サンドラーの息子役が素敵だと思ったら、ダスティン・ホフマンの息子だって!チェックだ。
娘役でジャック・ニコルソンの娘も。
サンドラーの設計にケチをつける変な王様?はロブ・シュナイダーよ!
なんか怪しいと思ったのよねえ。
そこでロブと気付かなかった私が不覚だったわ。
ケイト・ベッキンセールはとっても綺麗。
この人「パールハーバー」の頃は苦手だったけど今ではけっこう好きだなあ。
ロマンティックな映画が似合う。

(2007/08)

恋するレシピ~理想のオトコの作り方~ 

51x3wfOUD8L__SL500_AA300_.jpg

Failure to Launch (2006)

マシュー・マコノヒーとサラ・ジェシカ・パーカーのロマコメ。
サブタイトルが「理想のオトコの作り方」って、そんな話じゃないです。

つかみは、サラジェシカが出会った男は理想の相手だったけど、実は親と同居していた!って話。
でも直後の展開が予想外で面白かったなあ。

サラが可愛かった♪
さすがSATCで鳴らしただけあってこのジャンルは上手ね。
けど可愛く見えて実は42歳。驚きだ。
マシューとその男友達3人の行動が可笑しかった。
サラの手玉にとられる様子が笑える。
それに面白そうな遊びばっかりしてるのよねえ!

これも未公開かあ。
私が好きな映画はみんなそうだ。
油断しているといつの間にかDVDが出ているから焦るわあ。

(2007/08)

007/カジノ・ロワイヤル 

41Rm3vaIM+L__SL500_AA300_.jpg

Casino Royal (2006)

オープニングがモノクロでかっこいい!
殺人シーンが荒々しい。
そこからもういつもの007とは違うって感じね。
タイトルバックのアニメーションに久々にワクワクしたわ~。
曲も良かったし。
007の醍醐味よねえ。

初っぱなからめちゃくちゃなアクションがすごい。
と思ったらその後は割りと落ち着いた展開なのね。
で、終盤で二転三転。
全体的にかなりダークね。
目を覆うシーンもあるし。
けどなかなか良かったわ。
そして何と言ってもラストシーン!これぞ007。
これを見たら長丁場の疲れも吹っ飛ぶってもんよ。

casino royal


新ボンドのダニエル・クレイグ!
クールでマッチョだけどたまに見せる笑顔が優しくていい感じ。
オープニングで思ったけど、モノクロのフィルムノワールな感じがぴったり。
殺しのライセンスが似合う顔だわ(と勝手に解釈)。
ピアース・ブロスナンがベストだと思っていたけど、
今度のボンドもいいじゃないの♪

次回作も期待しちゃいます。

(2007/08)

パパにはヒ・ミ・ツ2 再放送! 

終わってから書くのもなんですが、先日まで再放送していました。
これはほんとに嬉しかった!
前はVHS保存だったので、きれいな画像を残せて良かった♪
デビッドが出てるドラマがNHKで見られるなんて、奇跡のよう。
ほんとにありがとう♪NHK。
『パパにはヒミツ3』もぜひぜひお願いいたします。

8simple

アウト・オブ・サイト 

51d9zuZCyeL__SL500_AA300_.jpg

Out of Sight (1998)

犯罪映画なわけだけど、ラブ・サスペンスなどと言った方がしっくりくるわね。
見せ場はジョージとジェニファーのロマンスでしょう。
冒頭のトランクのシーンやホテルのシーンは、とってもセクシー。
絶対あり得ない、映画ならではのロマンスよね。

まだ垢抜けない頃のジェニロペ、そうそうこんなだったよね。
真っ赤な口紅が物語ってるわあ。
主演の二人って確か犬猿の仲だったんじゃなかったっけ?
記憶はあやふやですが。

で、内容は、ちょっとだるいです。
嫌いではないけど、また見ることはないかも。
ラストがよく分からない!って思うのは私だけ?

でも全米批評家協会賞の3部門で受賞、オスカーにもノミネートという、なかなか評価の高い映画。
原作が同じの『ジャッキーブラウン』のキャラクラーが出てくるらしいけど、
大昔に見た映画なのでさっぱり分かりません。

キャストはすごい。
ドン・チードル、アルバート・ブルックス、キャサリン・キーナー、
マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンなどなど。
だるいなーなんて思いながら見ていると突然の大物にびっくりします。

(2007/07)

拍手&コメントありがとうございます! 

久々の更新です!
しばらく放置している間にブログ拍手などというツールが増えていてびっくりです。
拍手&コメントを下さっていた方、どうもありがとうございました!
今まで無反応で大変失礼いたしました。
とっても嬉しいです♪

あまり映画を見られなくなってしまって、かなりスローな更新状態ですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。