スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝取られ男のラブ♂バカンス 

forgetting.jpg

Forgetting Sarah Marshall (2008)

なんとまあ、すごい邦題がついたよねえ。
原題はロマンティックな感じがしてけっこう好きなんだけど。

脚本もジェイソン・シーゲルなのね。
この人見るとベン・アフレックを思い出すわあ。バカっぽさが似てる気が。
クリステン・ベルは「ゴシップガール」の声の人だって。バカ女だけどちょっと可愛かった。
ヒロインのミラ・クニスはすごい可愛い!というか美人さんだなあ。好きな顔。

そして忘れてならないポール・ラッド!
知らないで見たから出てきて嬉しかったわ~。
ものすごいバカっぷり。
でもニコニコ(というかヘラヘラ)の顔がめちゃめちゃ可愛い~♪
彼のシーンだけ何度も見ちゃうわ。

(2009/10)
スポンサーサイト

無ケーカクの命中男/ノックトアップ 

ノックトアップ

Knocked Up (2007)

ポール・ラッドが好きすぎる~♪
40男をつかまえてこういうのもなんだけど、可愛いわあ。
バカっぷりも好きだけど、ビジュアルも好み。
娘を抱っこして可愛がるシーンがたまらなく好き。

この子役姉妹とレスリー・マンは本当の親子なんだって。で、パパが監督ジャド・アパトー。
音声解説では、実の娘に下ネタを言わせて自己嫌悪に陥ってて笑ったわ。

カジノのシーンがいいなあ。
ポールとセス・ローゲンがバカやってるところが笑うわー。

セスも、可愛い♪
そう思う自分はおかしいのかと思うけど、私の映画の師匠も好きだと言うので安心。
やっぱカナダのコメディアンはいいよね~、師匠♪

E!の編集スタッフ役のビル・ヘイダー、若い頃のダン・エイクロイドに似てる気がして、ちょっと気になる人。

セスの部屋に飾られた「エターナル・サンシャイン」のポスターはジムへのリスペクトだそうで、監督の好感度がアップ♪
単純な私。

ところで内容。
バカバカしさが何より良かったけど、ところどころに男女の考え方の違いがリアルにちりばめられてて面白かった。
デビーなんかはまるで自分を客観的に見てるようだったよ!

結婚って難しいよねえ~。

(2009/10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。