スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

glee season1 #9-14 

#9「グリー部の車いす体験記」Wheels

アーティの“Dancing With Myself”(Generation X)は、印象的で耳に残る。
つい口ずさんじゃうわ。

“Proud Mary”(Ike & Tina Turner)は、かっこよくて、楽しい。
もともとは、CCRの曲。

この回では、スーの秘密が明かされる。
なかなかいい人じゃん。


#10「レイチェルの猛アタック」Ballad

部員がクインとフィンのために歌う“Lean on Me”(Bill Withers)。
大好きな曲。名曲です。
歌詞を見ながら聴くと、感動が倍増。


#11「究極の“ヘアー作戦”」Hairography

クインの“Papa Don’t Preach”(Madonna)が可愛い。

“Imagine”(John Lennon)はやっぱりいいね。感動。

“True Colors”(Cyndi Lauper)も良かった。
こんなにいい歌だったなんて、初めて知ったわ。


スーはやっぱり面白い。言うことが、正しいわ。


#12「思い出のアルバム撮影」Mattress

“Jump”(Van Halen)が楽しかった。
あの子たちは、アクロバットもできるのね。

“Smile”が2曲。
Lily AllenとNat King Cole。
独特な雰囲気の曲と、ジャズの王道。
どちらもいいです。


#13「あなたなしでは……」Sectionals

“Don't Rain on My Parade”(Barbra Streisand「ファニー・ガール」)
レイチェルは役も声もたまにイラっとするけど、ミュージカル曲はやっぱり上手い。
スケールが大きいわ。

フィンの悩みに対するシュー先生の導きがいい。
こういう先生、いたらいいよね。

地区大会で、妨害に負けずに歌う歌も良かった。
“You Can’t Always Get What You Want/無情の世界”(The Rolling Stones)


#14「恋のスクランブル」Hell-O

歌詞に「Hello」が出てくる曲がテーマ。
どれもこれもいい。

スポンサーサイト

glee season1 #5-8 

#5「新旧アイドル対決」The Rhodes Not Taken

エイプリルが歌う“Last Name”が良かったわ。
カントリーミュージックは好きなので。
原曲はCarrie Underwoodという、アメリカンアイドル出身の人の曲。

エイプリル役はクリスティン・チェノウェス。
ウィキッドの人。気付かなかった。どうりで歌上手いはずだ。
結構オバサンだったのね。


#6「効果抜群! ビタミンD」Vitamin D

男子vs女子。
趣向が変わってなかなか面白かった。


#7「全面対決 ウィルvsスー」Throwdown

“You Keep Me Hangin' On”(The Supremes)
クインの声好き。可愛い。
顔も好きだなあ。
スタイルなんかも、まさにチアリーダーといった感じ。


#8「迫られた究極の選択」Mash-Up

パックの、“Sweet Caroline”(Neil Diamond)が好き。
なかなかいい声してるじゃないの。
ギター一本で歌われたら、クラッとくるわ。

スポーツでよくかかる曲なんだとか。
合いの手を入れるところがあるから、楽しいよねえ。

それから、この回はエマも歌う。
“I Could Have Danced All Night”(マイ・フェア・レディ)
大好き。

衝突してたスーとウィルは一時休戦。
ダンスのレッスンが笑うわ。
スーは、ヒドイ教師なんだけど、好き。
たまに正論語ると共感しちゃうわ。

グラン・トリノ 

grantorino

gran torino (2008)

イーストウッドが上手いなあ。
監督としても素晴らしいけど、やっぱり役者として惹きつけられる。
後半、少し衝撃的だけど、感動して泣けました。
この人の映画は、外れなしね。

(2011/11)

glee season1 #1-4 

#1「新生グリー誕生」Pilot

シュー先生がギター一本で歌う“Leaving On a Jet Plane (John Denver)”が良かった~。

この曲好き。
「アルマゲドン」で宇宙に旅立つときに流れてて印象に残った曲。
泣けるわあ。

Don't Stop Belivin'(Journey)
Gleeと言えばこれ。聴いてて気持ちいい。


#2「ディスコミュージックはお好き?」Showmance

“I Say a Little Prayer”(Dionne Warwick)
やっぱり名曲だなあ。

チアの子3人で歌うのも可愛い。
しかも、クインの後ろの二人が、上手い。

このドラマ、キャストがみんな歌えて踊れるのねえ。

Take a Bow (Rihanna)
レイチェルがフィンを想って歌う。
切なくて、いい曲だなあ。


#3「彼らの名はアカフェラス」Acafellas

“I Wanna Sex You Up”
Color Me Badd!懐かしい。

メルセデスが歌う“Bust Your Windows (Jazmine Sullivan)”がカッコイイ。


#4「カートの告白」Preggers

“Single Ladies”(Beyonce)
アメフト部員が試合中に突然踊り出すのが笑ったわ。

カートとパパが、心を通じ合わせるのが、いい。
じーんとくる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。