スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・ディヴォース/パリに恋して 


ル・ディヴォース/パリに恋して

Le Divorce (2003)

離婚とか不倫とか異国間のカルチャーギャップとか、
いろいろつめこまれてるのね。
ぶつぶつ話が切れるしまとまりがない感じもするけど、面白かった。
パリもいいわ~♪やっぱりいい。行きたくなった。
原作はダイアン・ジョンソンの小説。
活字の方が面白そうなので今度読んでみよう。

ナオミ・ワッツは美人なのに疲れた感じがするのはなぜ?
役のせい?コメディは無理かも。
この人今はすっかりスターみたいで、
オスカーノミニーの力はすごいわあ。
ケイト・ハドソンは後半垢抜けてパリっ子らしくなる。
スカーフ使いがお洒落♪
でもケリーバッグをTPOに合わせて使えないところが、
まだまだって感じでカワイイわ。

ナオミの義母はレスリー・キャロンだった。
ナオミの弁護士で後から結婚するのがジャン=マルク・バール。
“ジャック・マイヨール”だ!
この前『スパニッシュアパートメント』で知ったばかりのロマン・デュリスも
髪爆発で出てた。
競売商のスティーブン・フライは公式サイトによるとコメディアンだったらしい?
知らなかった。
ナオミとケイトのお父さんはサム・ウォーターストン。
『シリアル・ママ』のお父さん。

(2005/10)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/104-b5343936

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。