スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐり逢えたら  


めぐり逢えたら コレクターズ・エディション


Sleepless in Seattle (1993)

大好きなロマンチック・コメディ。
めぐり逢い」を観た後だとさらにおもしろい。
女性たちが「めぐり逢い」について語って泣いちゃうシーンなんて自分まで涙ぐんじゃう。
エンパイアステートビルに着いたメグがガードマンにお願いして入れてもらうシーンで、
ガードマンが「ケーリー・グラント?」って言うところもいいし。
トム・ハンクスとロブ・ライナー、メグ・ライアンとロージー・オドネル、
それぞれの男同士、女同士の会話がおもしろい。
前半、トムが亡くなった奥さんとの想い出をラジオで語るシーンは泣けるわ。

音楽もいい!
エフロン監督は趣味がいい。
彼女はたぶん「Over the Rainbow」が好きなんだろうな。
ユー・ガット・メール」でも使ってました。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/287-4cb6fc2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。