スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“アイデンティティー”  

“アイデンティティー”

Identity (2003)

まずは、ジョンキューを見るのが目的。
で、最初に聞いた内容がクリスティーのミステリー風だったから
かなり期待してたけど、全然それとは違ってた。
謎解きものというよりスリラーだ。
面白かったけど、何度も見たいものではないかも。怖いし。
殺人者の男は、プルイット・テイラー・ビンスという「海の上のピアニスト」の語り部の人。

(2003/11)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/323-a3d4e44f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。