スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛適齢期 

恋愛適齢期

Something's Gotta Give (2003)

オトナの恋愛映画、といったら聞こえがいいが、
実はおじいちゃんとおばあちゃんぐらいの歳の二人。
避妊の必要がないとかって、笑った~。
でもキャリアのある二人の恋愛話なので、
シチュエーションや会話がとってもお洒落。
テーマ曲は、「バラ色の人生」(最後にはジャックも歌う!)だし、
海沿いの別荘に、NYのレストラン、で、最後はパリ。
舞台も素敵~。
ダイアン・キートンはなんとヌードを披露!
びっくりした!!
でも綺麗だったなあ。ドレス姿も良かった。
マニッシュなイメージだったから、とっても新鮮。
オスカーでもあんな女性らしいドレスを着ればいいのに。
それにしても、キアヌにあんなに惚れられて、ジャックを選ぶ?
ほんとかー?
脇役のアマンダ・ピートもかわいかった。好きだなあ。

(2004/04)

★2003年ゴールデン・グローブ賞
女優賞(コメディ・ミュージカル部門) ダイアン・キートン
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/343-1bcd5ea9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。