スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

Bridget Jones: The Edge of Reason (2004)

レニー・ゼルウィガーは嫌いだけど、このシリーズは好きだ。
前作ほどではないけど面白かった。
スキー場のリフトのシーンはありがちだけど笑ったわ~。
ドレスを選ぶシーンも。
そういうところはレニーは上手ね。
勘違い女のブリジットは垢抜けないルックスのレニーにぴったり。
今回コリンはあまり素敵なシーンはなかった気がする。
ヒューは相変わらず。
軽さが上手、っていうよりあれは地ね。
マークの同僚の女性を演じてたジャシンダ・バレットという女優さんが可愛かったな。

(2006/07)
関連記事

コメント

レニーは嫌いだけど・・・って

笑っちゃうね。
ホントにそうだ。
面白いけど、いやだな<レニー
コリンは素敵よね。
少なかったけど。

あんなナイーブな人っていいわぁ。

レニー

面白いけどイヤ、ってのも笑える~。
ジムと別れてもらってよかったって、
心から思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/367-909e1be4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。