スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも昨日が選べたら 

51XTYNK6D9L__SL500_AA300_.jpg

Click (2006)

いつものサンドラー映画とはちょっと違って、予想外に泣かされます。
コメディではあるんだけど、だんだんとシリアスになっていって、
クライマックスでは涙なしでは見られないほど。

切なかったのはお父さんと会った最後の日のシーン。
私もそうだけど、あのやりきれなさを経験したことがある人って多いのではないかな。
ヘンリー・ウィンクラーが表情で泣かすのよね。
何度も一時停止するサンドラーもよかったし。
とは言ってもやっぱりサンドラーなので、
最高潮にシリアスなあの雨のシーンでも下品なジョークで笑わせてくれるわ。

ショーン・アスティンは「50回目のファーストキス」の弟ね。
出てきただけで笑ってしまった。
サンドラーの息子役が素敵だと思ったら、ダスティン・ホフマンの息子だって!チェックだ。
娘役でジャック・ニコルソンの娘も。
サンドラーの設計にケチをつける変な王様?はロブ・シュナイダーよ!
なんか怪しいと思ったのよねえ。
そこでロブと気付かなかった私が不覚だったわ。
ケイト・ベッキンセールはとっても綺麗。
この人「パールハーバー」の頃は苦手だったけど今ではけっこう好きだなあ。
ロマンティックな映画が似合う。

(2007/08)
関連記事

コメント

ホント、いい映画ですな

ちょっと油断してたら、トラックバックができないので、
(システムの問題でなく、私がわからなくなってしまって・・・)
後日、ちゃんと調べてまたお邪魔します。

こんないい映画の感想に、
ちゃんとロブ・シュナイダーに触れているあたり、
管理人さん!タダモノではない!ってことがわかりますな。
同じ世界に住む住人として、嬉しいですね。

ショーン・アスティンも、こっち側の人になってるってのが、
笑っちゃうよね。
『ロード・オブ・ザ・リング』のおまけDVDで、
短編映画を撮ってて、いい話だったよ。

アダムは、お友達に恵まれてるねぇ。

次回作、デビッドとの共演が楽しみでしょ?

ショーン・アスティン

アダム映画でしか見ていないのでつい笑ってしまうけど、
確か本も書いているんだよね?
頭のいい人なんでしょうか。

デビッドとの共演って、消防士のやつでしょ?
imdbではクレジットが出ていないんだよねえ・・・
カメオだからか、もしかしてカットされたか??
友達だからカットはしないだろうと思いつつ、不安です。

チャックとラリー

見たのよ。<チャックとラリー
で、コメントつけちゃおう!って思ったんだけど、
わからなくて、ここに書きました。
いくつか共通点があったので。

①アダムは、お友達に恵まれてる
ケビンも、デビッドも。
②ロブ・シュナイダーは、すごい!
③バカ映画万歳!

書いてないかも

たぶん、書いてないです。チャック&ラリー。
タイミングを逃したのと、バカバカしすぎて書けなかったってのと。
もちろん肯定的な意味でです。

共通点!
感動作とバカ映画に共通点を見出すとはすごい考察力ですね。
二番には激しくうなずきます。
ロブはほんとにすごい!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/441-27ef9eba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。