スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の愛情の対象 

51h8FNeiOVL__SL500_AA300_.jpg

The Object of My Affection (1998)

久しぶりに見たけど、なかなか面白かったな。
私の鑑賞記録によると、前回見たのは2001年。
そのときはつまらなかったようだけど。
ま、仕方ない。ポール・ラッドを知らない頃だしね。
そう、ジェンの相手役はポールラッドだ。
フレンズではフィービーの恋人になる彼。
私はそのエピソードを見てから彼のファン♪
映画を見る目も変わります。

だけど、普通に見ててもそれなりに楽しめるコメディ。
周りがガヤガヤとうるさくていい。
アラン・アルダとアリソン・ジャネイの夫婦役って、すごくしっくりいってる。
他の映画でもこの組み合わせ見たような気がしたけど、気のせいでした。
ポールの弟役がスティーブ・ザーン。
ジェンはまあいつもの通り。
ヒス起こすところとか、まるでレイチェル!でした。
10年間変わらない演技ってこと?

(2007/10)
関連記事

コメント

記事みて、びっくり

アラン・アルダなんて、出てたんだ!
すっかり忘れていましたよ。

まあまあ、面白いって思ってたはずでも、
忘れていることって多いよねぇ。

”見る目が変わる”には納得。
ただモノじゃないですな、ポール。

アラン・アルダ

私もすっかり忘れてました。
というか、完全に記憶がなかった映画なんだけど。
彼が出てるとどうしてもウディ映画を見てる気がしちゃいます。
舞台もNYだしね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/448-f1d6bab0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。