スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

glee season1 #9-14 

#9「グリー部の車いす体験記」Wheels

アーティの“Dancing With Myself”(Generation X)は、印象的で耳に残る。
つい口ずさんじゃうわ。

“Proud Mary”(Ike & Tina Turner)は、かっこよくて、楽しい。
もともとは、CCRの曲。

この回では、スーの秘密が明かされる。
なかなかいい人じゃん。


#10「レイチェルの猛アタック」Ballad

部員がクインとフィンのために歌う“Lean on Me”(Bill Withers)。
大好きな曲。名曲です。
歌詞を見ながら聴くと、感動が倍増。


#11「究極の“ヘアー作戦”」Hairography

クインの“Papa Don’t Preach”(Madonna)が可愛い。

“Imagine”(John Lennon)はやっぱりいいね。感動。

“True Colors”(Cyndi Lauper)も良かった。
こんなにいい歌だったなんて、初めて知ったわ。


スーはやっぱり面白い。言うことが、正しいわ。


#12「思い出のアルバム撮影」Mattress

“Jump”(Van Halen)が楽しかった。
あの子たちは、アクロバットもできるのね。

“Smile”が2曲。
Lily AllenとNat King Cole。
独特な雰囲気の曲と、ジャズの王道。
どちらもいいです。


#13「あなたなしでは……」Sectionals

“Don't Rain on My Parade”(Barbra Streisand「ファニー・ガール」)
レイチェルは役も声もたまにイラっとするけど、ミュージカル曲はやっぱり上手い。
スケールが大きいわ。

フィンの悩みに対するシュー先生の導きがいい。
こういう先生、いたらいいよね。

地区大会で、妨害に負けずに歌う歌も良かった。
“You Can’t Always Get What You Want/無情の世界”(The Rolling Stones)


#14「恋のスクランブル」Hell-O

歌詞に「Hello」が出てくる曲がテーマ。
どれもこれもいい。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/509-9ad5e2eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。