スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライディング・ドア 

sliding doors


Sliding Doors (1997)

単純に二つの人生を描いているのだと思って見てたけど、
地下鉄に乗れなかった方は乗れた方の瀕死の際の妄想だったのでは、というレビューが!
そうなの?そうだったの?
そう思って見ればよくできてるなあと思うわ。
あのエンディングも納得できる。

この映画のアイディアは好き。
片方は絆創膏を貼ったりショートカットにしたりして、どっちがどっちか混乱しないようになっているのも上手いと思う。
でもやっぱりGがダメ。この人いつも高評価なのはなんでなの?
お相手のジョン・ハナーは、ハムナプトラのお兄ちゃん。

(2012/05)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mzn.blog32.fc2.com/tb.php/513-e3b53858

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。