スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

glee season1 #5-8 

#5「新旧アイドル対決」The Rhodes Not Taken

エイプリルが歌う“Last Name”が良かったわ。
カントリーミュージックは好きなので。
原曲はCarrie Underwoodという、アメリカンアイドル出身の人の曲。

エイプリル役はクリスティン・チェノウェス。
ウィキッドの人。気付かなかった。どうりで歌上手いはずだ。
結構オバサンだったのね。


#6「効果抜群! ビタミンD」Vitamin D

男子vs女子。
趣向が変わってなかなか面白かった。


#7「全面対決 ウィルvsスー」Throwdown

“You Keep Me Hangin' On”(The Supremes)
クインの声好き。可愛い。
顔も好きだなあ。
スタイルなんかも、まさにチアリーダーといった感じ。


#8「迫られた究極の選択」Mash-Up

パックの、“Sweet Caroline”(Neil Diamond)が好き。
なかなかいい声してるじゃないの。
ギター一本で歌われたら、クラッとくるわ。

スポーツでよくかかる曲なんだとか。
合いの手を入れるところがあるから、楽しいよねえ。

それから、この回はエマも歌う。
“I Could Have Danced All Night”(マイ・フェア・レディ)
大好き。

衝突してたスーとウィルは一時休戦。
ダンスのレッスンが笑うわ。
スーは、ヒドイ教師なんだけど、好き。
たまに正論語ると共感しちゃうわ。

グラン・トリノ 

grantorino

gran torino (2008)

イーストウッドが上手いなあ。
監督としても素晴らしいけど、やっぱり役者として惹きつけられる。
後半、少し衝撃的だけど、感動して泣けました。
この人の映画は、外れなしね。

(2011/11)

glee season1 #1-4 

#1「新生グリー誕生」Pilot

シュー先生がギター一本で歌う“Leaving On a Jet Plane (John Denver)”が良かった~。

この曲好き。
「アルマゲドン」で宇宙に旅立つときに流れてて印象に残った曲。
泣けるわあ。

Don't Stop Belivin'(Journey)
Gleeと言えばこれ。聴いてて気持ちいい。


#2「ディスコミュージックはお好き?」Showmance

“I Say a Little Prayer”(Dionne Warwick)
やっぱり名曲だなあ。

チアの子3人で歌うのも可愛い。
しかも、クインの後ろの二人が、上手い。

このドラマ、キャストがみんな歌えて踊れるのねえ。

Take a Bow (Rihanna)
レイチェルがフィンを想って歌う。
切なくて、いい曲だなあ。


#3「彼らの名はアカフェラス」Acafellas

“I Wanna Sex You Up”
Color Me Badd!懐かしい。

メルセデスが歌う“Bust Your Windows (Jazmine Sullivan)”がカッコイイ。


#4「カートの告白」Preggers

“Single Ladies”(Beyonce)
アメフト部員が試合中に突然踊り出すのが笑ったわ。

カートとパパが、心を通じ合わせるのが、いい。
じーんとくる。

ライ・トゥー・ミー 

ティム・ロスもドラマに!ってことで驚いた作品。

シワが増えてて、猿にしか見えないのが困ったこと。

相手役はケリー・ウィリアムズ。
綺麗になったなあ。
「プラクティス」の頃より、オバサンである今の方が可愛い。

第一話は面白かったが、第二話はイマイチ。見続けるか、迷う。

#1「 嘘を見抜く男 (PILOT) 」
#2「 小隊の秘密 (Moral Waiver) 」

(2011/10)

アダルトボーイズ青春白書 

grownups

Grown Ups (2010)

久しぶりのデヴィッド♪♪♪

しかも共演は、アダム・サンドラーにロブ・シュナイダーにクリス・ロック。
(そして、サンドラーのお友達ケビン・ジェームズ)
これって「バッドボーイズ」じゃない!

badboys


この面子で面白くないはずがない。
4人が同じ画面に納まってるのを見ただけで、私はニンマリしちゃったもの。

実際めちゃめちゃ面白かったわー。
こんなに声出して笑ったのって、ホント久しぶり。
話もなかなか良かったね。

例えば、シュナイダーがお葬式でアヴェ・マリアを歌うシーン。
他のメンバーは本気で笑ってると思うのよ。
そういうところに、彼らの信頼感とか仲の良さとかが表れてていいなあと思う。
それが見てる人には笑いにつながっていくので、なんだか幸せな気分になるのよね。
(と思うのはどうやらファンだけみたい?)

デヴィッドもホントに楽しそうに笑うのよ♪
あの声が久しぶりに聞けて、嬉しい。

この映画が作られたことに心から感謝したいわ。
夏にぴったりの映画です。

ところで、あるHPで、ケヴィンの役はクリス・ファーレイのものだった、と書いていた人がいました。
そんな前からこの映画の企画があったのかどうかは分かりませんが、
もしクリスが生きていて参加していたら、ますます大騒ぎな映画になっただろうなあと、ちょっと想像しちゃいました。

共演者は、サルマ・ハエック。なんでこんな映画に?
おなじみのスティーブ・ブシェミ。マリア・ベロなど。

(2011/08)

CHUCK/チャック season1 #2 

「チャック VS ヘリコプター」 Chuck Versus the Helicopter

サラがホットドッグ屋の店員に。
ユニフォーム姿がめちゃめちゃ可愛い~♪

chuck1-2


で、ケイシーがバイモアの同僚に。
この人、どこかで見てるんだけど、何で見たかが思い出せない。
「Xファイル」に出てたらしいので、たぶんそれだと思うんだけど。
なんだろ?宇宙人かなあ?

ケイシー:アダム・ボールドウィン 1962年生まれ

「ボールドウィン兄弟とは無関係」って何かに書いてあって、笑いました。

CHUCK season1 #1 

「チャックvs運命」pilot

サラが可愛いくて、即ファンに♪
ナチュラルでも可愛いけど、デートのときのキメたお洋服とかメークが完璧に可愛い。


サラ:イヴォンヌ・ストラホフスキー 1982年オーストラリア生まれ
チャック:ザッカリー・リーヴァイ 1980年生まれ

最近の俳優さんは、名前が難しくてすぐに覚えられないわー。

ベッドタイム・ストーリー 

bedtimestories

BEDTIME STORIES (2008)

巷では、ディズニー映画だの子供向けだのと言われてるようだけど、
私は、アダムファンのためのアダムの映画だと思ったよ。
シュナイダーも出てるし。

♪ロック・ミー・アマデウスを歌うアダムが最高だ!
やっぱり面白いわ。

「寝とられ男」のラッセル・ブランドも、“アルダス・スノー”から毒をすっかり抜いたような役で、なかなか良かったです。

ケリー・ラッセルはさすがに老けたね。
ガイ・ピアースも劣化してた。漫画のような悪役ぶりがイメージになかったのでびっくり。
コートニーが出てたのが嬉しかった。

(2011/06)

奇人たちの晩餐会 USA 

奇人たちの晩餐会USA

DINNER FOR SCHMUCKS (2010)

ポールのこんな映画があったなんて知らなかったわ。もちろん未公開。
「奇人たちの晩餐会」のリメイク(?)らしいけど、そっちは見てない。

スティーヴ・カレルも面白いけど、やっぱりポール・ラッド!
面白いわあ。動きが最高!ラストの表情もいいよねえ。
ポールだけで、見る価値あったわ♪

アーティスト役のジェマイン・クレメントは初。濃い!
ザック・ガリフィナーキスはこれはいまいちかなあ。
あとブルース・グリーンウッドとロン・リヴィングストンなど。
女優陣も良かったけど知らない人ばかり。
監督はジェイ・ローチ。

(2011/07)


フラッシュフォワード 

冒頭で早々に、無理と思った。
大惨事となった街の様子が、津波で破壊された町と重なってしまったから。
胸がざわざわとして苦しくなっちゃった。

あとで知ったけど、1シーズンで打ち切りらしい。
ということは中途半端に収めてしまうのかしら?
じゃあ、どっちみち見なくていいか。

竹内さんは、見たいと思ったけどね。

ジョセフ・ファインズの相棒の、ジョン・チョーも、ちょっと気になったけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。